現代恋愛青春小説「描かれた夏の風」

(C)ジュエルセイバーFREE http://www.jewel-s.jp/

――あれ? 誰かいる……。

私が初めて先輩と出会ったのは、黄緑色の桜の葉が眩しい季節のことだった。
教室移動の途中で窓の外を何気なく見下ろした私。
目に飛び込んできた景色に、一瞬にして心を奪われた。
校舎裏に立ち並ぶ桜の隙間から、制服姿の誰かが立っているのが見える。
短いのに柔らかそうなくせっ毛が特徴の、背が高い男子生徒。
グレーのブレザーを適度に着崩している。見覚えがないから、多分上級生なのだろう。
彼はフェンスの周りの茂みにぼんやりとたたずんでいた。
――手には、花。
深緑の中で真っ赤に存在を主張するツツジ。
彼は細い指をそっと伸ばして、花を一輪とる。そっと口元に花を持ってくると、彼は優しく口づけた。
ざあ、と風が駆け抜けていったのが窓越しにもわかる。
桜色の季節を追い払う、鮮やかな夏疾風。
その風にのって運ばれてきた初夏のころに、私は一つの恋をした。