現代恋愛青春小説「描かれた夏の風」

傷つくのが嫌なら大切なものを作らなければいい。
それが、考えに考えてたどり着いた答えだった。
独りきりで。
自分自身さえも信用せずに。
目を閉じて、耳をふさいで。
暗闇に溶けて、すべてのものを拒絶して。
そんな風に生きていれば、傷つかなくてすむはずだ。
愛しいものを失うのが恐いなら、愛しいと思わなければいい。
それなのに……。
(なんで、こんな気持ちになるんだろ)
廊下を曲がると、こめかみをおさえて立ち止まった。
最近どうも調子がおかしい気がする。
彼女、西口友絵にペースを崩されているようだ。
傷つかないための策を練って生きている自分にとって、彼女の存在は新鮮だった。
傷ついては涙を流す幼い少女。
人を怨むことを知らない、無邪気さの塊。
西口友絵を見ていると、昔の自分を思い出した。まだこの世界を真っ直ぐに見つめることができていた頃の自分。
愛しいような苦々しいような、複雑な気分になる。
――怖かった。
彼女に好かれている自分が。
彼女を好いてしまいそうな自分が。
大切なものを作ってしまうのが、怖かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。