現代恋愛青春小説「描かれた夏の風」

 ◆

「あら、友絵ちゃんじゃない。最近なんだか上機嫌ね」
私が廊下を歩いていると、不意に声がかけられた。
アスカ先輩だ。
教室移動の最中らしく、そばには数人の友達がいる。それぞれがキツく眉をしかめて私を睨みつけていた。
「どうしたの? 何かいいことでもあったの?」
「は、はい……!」
「そう、それはよかったわ。じゃあまたね」
ひらひらと手を振って、アスカ先輩は爽やかに去っていく。
私はため息をぐっとこらえた。
偵察されてる、そんな気がしてならない。
(考えすぎかな……)
私は一人きりで教室に戻った。
画材をロッカーにしまうと、お昼の準備に取りかかる。
夏の文化祭。
秋の芸術展。
みんなが私のことを敵視していた。
でもそれはきっと仕方のないことだ。
悪口を言われるたびに、胸のあちこちがチクチクと傷むけれど。
教室の中では苦しくて息が吸いにくいけれど。
背中に突き刺さる悪意に満ちた視線なんて、気にしてはならない。
怯えていた同級生の噂話も、以前よりはどうでもいいように感じられていた。
一人じゃないというだけで、 少しずつ強くなれている気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。